サブメニュー

返済金額を減らしたい場合

キャッシングの毎月の返済額についての規定は、キャッシング会社によって異なります。例えば10万円借入れした場合、毎月の返済額は2,000~10,000円とかなりばらつきがあります。ただし、毎月の返済額が少なければいいとも限らず、返済額が大きい程払う利息は少なくなります。

 

毎月の返済額が多すぎて生活を圧迫している場合、返済額を減らしてもらうよう交渉も可能です。立ち回らなくなる前に、素直に相談する方が、解決する可能性は高いです。

 

例えばその月だけ急な出費や収入源で支払いが難しい時には、その月だけは利息分のみの支払いとするなどの相談は可能です。

 

ただし、支払いの困難な状況が長期間に渡る場合には、根本的な対策が必要になります。この場合、利息分のみの支払いにしてしまうと、いつまで経っても元金が全く減らない状況で返済をしていく羽目になります。相談するにしても、元金を減らしていくのを前提で考えるべきでしょう。

 

どうしても難しい状況であれば、キャッシング会社だけではなく、法律の専門家などに相談する手段もあります。事情があって返済できる家計状況でなくなった場合、そこからの利息を免除して元金分だけを少しずつ返済していくなど、様々な方法があります。

 

多くのキャッシング利用があって返済が負担になっているのであれば、多くの利用先を一本化のおまとめローンとして借りる方法で負担が減らせる場合があります。おまとめローンは借り換えの一種となるのでその後の返済はもちろん必要となりますが、ばらばらに借りているときよりも軽い負担で返済が行える可能性が高くなります。